財団のあゆみ

 

 

朝田教育財団 創設者

朝田善之助(1902~1983年)

全国水平社創立に参画して以来、つねに解放運動の先頭に立ち、部落解放同盟中央執行委員長を努め、常に部落差別と闘いつづけた朝田善之助は、部落問題を社会科学で捉え、部落問題の完全な解放のための理論を確立した指導者であり、同時に、厳しさと愛情をもって若者たちを育ててきた教育者でもありました。

朝田善之助は、いつも若い青年達に、部落問題の学習を通して、よく次のようなことを語っていました。

  1. 人間は、社会的な関係の中で生活している。その社会的な関係の中に、矛盾があることを明らかにして行かなければならない。
  2. 我々はどんな関係にも対応できる条件を作らないといけない。明日起こる不幸が今日判っているなら止められるし、止められなくても最小限の不幸で止められる。
  3. 自己を絶対的に高める、悲劇の主人公にならないようにガンバルこと。
  4. 動物は本能のままに行動をするが、人間は、意志にもとづいて行動をする。そこに人間の万物の霊長たるゆえんがある。

朝田善之助は、社会の発展に寄与する部落の青少年を育成し、部落の青少年の向上をはかるために、1981年、私財を基金として当財団を設立しました。

朝田善之助全記録

朝田善之助が差別と闘いつづけた人生の足跡を紹介するだけでなく、部落問題の真の解決を願い、実践されているみなさまに、部落解放運動のあるべき方向性を追求している。『朝田善之助全記録』全55巻を刊行しています。

朝田教育財団のあゆみ

月日 おもな出来事
1979昭和54 7月4日 朝田善之助による教育財団の設立構想
「朝田善之助の喜寿を祝う会」
1981昭和56 3月27日 財団法人設立発起人会 設立発起人:朝田 善之助
奈良本 辰也 平野 一郎 朝田 勝三
大橋 俊有 宗川 礒雄 朝田 隆
4月18日 財団法人設立「賛助会」発足
朝田善之助を理事長に選任
7月4日 「朝田善之助の全快と設立の祝賀会」
開催
『朝田教育財団会報』発行
( 1985 年まで継続)
奨学生の新規採用人数 3名
1982昭和57 7月4日 設立1周年と朝田善之助の傘寿を祝う
「記念講演の夕べ」開催(講演1)
平野 一郎
「私が部落解放運動で学んだこと」
「同和教育研修会」開催
(現在まで継続)
6月12日(土)【研修1】

後藤 晨次
「差別行政反対闘争の萌芽」
小川 廣之助
「漆葉社会課長差別事件の背景」
小山 逸夫
「部落の児童・生徒における差別の現象形態」

10月6日(土)【研修2】

鈴木 棋
「オール・ロマンス差別事件の前後について」
竹口 等
「当面する同和教育の実践的課題について」

奨学生の新規採用人数 3名
1983昭和58 4月29日 朝田善之助 理事長の逝去
11月6日(土)【研修3】

池田 正太郎
「『同和教育方針』策定の前後」
井本 武美
「同和教育実践の基本問題」

5月13日 大橋俊有を理事長に選任
7月4日 「朝田善之助追悼の夕べ」開催
『追悼 朝田善之助』刊行
奨学生の新規採用人数 4名
1984昭和59 7月4日 フォーラム
「朝田善之助を語る夕べ」
開催(講演2)
奈良本 辰也 大田 信男
井家上 専  松井 久吉
3月16日(土)【研修4】

米田 貞一郎
「同和教育の意味するもの」
森本 弘義
「地対協『意見具申』と同和教育の課題」

奨学生の新規採用人数
1985昭和60 7月4日 「朝田善之助記念講演の夕べ」開催

(2003年まで継続)
(講演3)
小森 龍邦
「朝田善之助先輩と部落解放運動」
井上 清
「部落解放運動に思う」

3月14日(金)【研修5】

田村 正男
「今、同和教育に望むこと」
藤本 啓次
「同和問題についての教科書の記述」

奨学生の新規採用人数
1986昭和61 7月4日 設立5周年記念
「朝田善之助記念講演の夕べ」
開催(講演4)
朝田 はな
大橋 俊有 後藤 晨次
『朝田善之助全記録』刊行(年2巻)
12月9日(火)【研修6】

依田 義賢
「部落問題と映画」
辻浦 厚
「同和問題についての教科書の記述」

奨学生の新規採用人数 1名
1987昭和62 1月19日 宗川礒雄 発起人の逝去
11月6日(金)【研修7】

吉岡 克己
「これからの同和教育」
小山 逸夫
「AAI(新学習適応性検査)
結果の分析と考察」

7月4日 「朝田善之助記念講演の夕べ」
開催(講演5)
田村 正男 八木 晃介
「現代日本の社会意識と部落問題」
奨学生の新規採用人数
1988昭和63 7月4日 「朝田善之助記念講演の夕べ」
開催(講演6)
末本 徹夫 井上 清
鈴木 棋  平野 一郎
「オール・ロマンス事件と
今後の部落解放運動」
11月16日(水)【研修8】

鈴木 棋
「再び語る『オール・ロマンス差別事件』」
小山 逸夫
「今春の高校進学と部落差別」

奨学生の新規採用人数 1名
1989平成1 4月29日 朝田善之助7回忌法要
11月16日(木)【研修9】

笹原 義廣
「最近の生活実態から」
後藤 晨次
「勉強にまけるな」

7月4日 「朝田善之助記念講演の夕べ」
開催(講演7)
朝田 はな
松田 昌美 福田 雅子
「松田喜一と朝田善之助」
奨学生の新規採用人数 1名
1990平成2 10月6日 大橋俊有2代理事長の逝去
7月4日 「朝田善之助記念講演の夕べ」
開催(講演8)
渡部 徹
「水平社と労働運動」
奨学生の新規採用人数 1名
1991平成3 4月18日 設立 10 周年
2月5日(水)【研修10】

谷口 修太郎
「差別の自覚と自己解放」
辻浦 厚
「部落の乳幼児と部落差別
――親の生活・子の生活――」

5月7日 奈良本辰也を理事長に選任
7月4日 「設立10周年記念講演会」
奈良本辰也を理事長に選任
「朝田善之助記念講演の夕べ」
開催(講演9)
奈良本 辰也
「朝田さんの思い出」他
奨学生の新規採用人数
1992平成4 7月4日 「朝田善之助記念講演の夕べ」
開催(講演10)
大賀 正行
「水平社創立70周年と
今後の部落解放運動」
3月2日(火)【研修11】

「京都市同和教育方針策定の頃と今」
米田 貞一郎 佐々 満郎
枩田 昌弘  後藤 晨次

奨学生の新規採用人数 1名
1993平成5 4月1日 「朝田教育財団賛助会 会則」改定
(法人会員の設定、会費額の改定)
3月10 日(木)【研修12】

山崎 良一
「大学進学と部落差別」
佐々 満郎
「学力向上と教育条件
――小学校教育について――」

4月29日 朝田善之助没後 10 年
4月29日 『朝田善之助全記録』季刊(年4巻)
事業案内 leaflet による奨学事業の広報
7月4日 「朝田善之助記念講演の夕べ」
開催(講演11)
寺本 知
「朝田善之助さんの思い出」
奨学生の新規採用人数
1994平成6 4月1日 「奨学金規程」一部変更
奨学金を月額3万円から
月額5万円に増額
11月25日(金)【研修13】

「部落差別と教育
―親として願うこと―」
若井 敬子 笹原 豊子
加藤 満義 粟原 ちず子
前川 正明 後藤 晨次

7月4日 「朝田善之助記念講演の夕べ」
開催(講演12)
村越 末男
「基本的人権と同和問題」
奨学生の新規採用人数
1995平成7 4月29日 朝田善之助 13 回忌法要
2月20日(火)【研修14】

丸山 修
「部落の生活は「今」どうなっているのか―
京都市の生活実態調査から―」
中尾 健次
「同和教育の課題―
克服すべき対象としての差別意識―」

7月15日 「朝田善之助記念講演の夕べ」
開催(講演13)
上杉 佐一郎
「朝善さんの思い出と
部落解放への展望」
11月29日 若井英三 監事の逝去
奨学生の新規採用人数 2名
1996平成8 7月4日 設立15周年記念
「朝田善之助記念講演の夕べ」
開催(講演14)
西岡 智 山上 益朗 平野 一郎
「狭山差別裁判と朝田善之助」
『全記録別巻』頒布
(朝日選書
『新版 差別と闘いつづけて』重版)
2月27日(木)【研修15】

吉田 賢作
「部落問題の明日を考える―
京都市政への意見具申から―」

奨学生の新規採用人数 4名
1997平成9 4月12日 後藤晨次 理事の逝去
「奨学生の集い・学習会」
開催(現在まで継続)
2月13日(金)【研修16】

外川 正明
「これからの『同和』教育を考えるために
―卒業の思いを受け止めて―」
奥田 正治 菱田 不二三
「崇仁の街づくり・人づくり」

7月4日 「朝田善之助記念講演の夕べ」
開催(講演15)
大田 信男 吉野 賢二
田結莊 哲治 平野 一郎
「朝田善之助さんを語る
―朝日新聞のわたくしたち―」
「奨学生の集い・学習会」
(現在まで継続)
奨学生の新規採用人数 4名
1998平成10 5月1日 広報 website ( homepage )開設
2月26日(金)【研修17】

竹口 等
「同和地区児童・生徒の学力実態と
その向上への手だて」

7月4日 「朝田善之助記念講演の夕べ」
開催(講演16)
城守 昌二 田中 幸雄
井本 武美 竹口 等
『勉強に負けるな―
「同和教育」と後藤晨次さん―』
奨学生の新規採用人数 1名
1999平成11 4月29日 朝田善之助 17 回忌法要
3月10日(金)【研修18】

池田 正治
「崇仁小学校PTA活動を通して」
瀬川 瓊城
「進路とは?――同和地区の子どもと親の願いを受けて――」

7月4日 「朝田善之助記念講演の夕べ」
開催(講演17)
秋定 嘉和
若き日の朝田善之助
―朝田理論の源流をさぐる―
奨学生の新規採用人数 1名
2000平成12 7月4日 「朝田善之助記念講演の夕べ」
開催(講演18)
上田 正昭
朝田善之助さんと人間の解放
3月9日(金)【研修19】

「財団前史社会人大学生の輩出」
庵原 良夫 山田 祐造
小泉 正樹 笹原 豊子
菱田 不二三 山崎 孝
竹口 等

奨学生の新規採用人数 1名+1名
2001平成13 3月22日 奈良本辰也 3代理事長の逝去
3月12日(火)【研修20】

「高校生の学習会の誕生
――高校には入ったけれど――」
平野 大洲 国府 泰道
小山 逸夫 菱田 栄二
丸山 修

4月18日 設立 20 周年
5月26日 井上清を理事長に選任
7月4日 「朝田善之助記念講演の夕べ」
開催(講演19)
向井 正
“朝田のおっちゃん”と
呼ばせてもらったことも……
11月23日 井上清 4代理事長の逝去
奨学生の新規採用人数 +1名
2002平成14 3月2日 城守昌二を理事長に選任
3月10日(月)【研修21】

「崇仁小学校ビオトープと同和教育
――まちづくり・人づくり――」
池田 正治 宮本 努
竹口 等  辻浦 厚

7月4日 朝田善之助生誕 100 年
7月6日 「朝田善之助記念講演の夕べ」
開催(講演20)
野中 広務
「時局講演」
奨学生の新規採用人数 3名
2003平成15 4月29日 朝田善之助没後 20 年
朝田善之助忌日を「荊冠の忌」と呼称
7月4日 「朝田善之助記念講演の夕べ」
開催(講演21―最終回)
竹口 等
「朝田善之助全記録完結
―編集に携わって―」
国府 泰道
「家賃裁判から学ぶ部落問題」
『朝田善之助全記録』全 55 巻の完結
奨学生の新規採用人数 4名
2004平成16 4月1日 賛助会の設置目的を
寄付金《賛助金》による奨学
事業の財政支援に変更
「朝田教育財団奨学基金」創設
3月4日(金)【研修22】

志水 宏吉
「同和地区の子どもたちの
学力実態と『力のある学校』」

7月4日 広報誌『朝田教育財団だより』発行
(年2号)
奨学生の新規採用人数 2名
2005平成17 4月29日 朝田善之助 23 回忌法要
7月4日(月)【研修23】

谷口 賢司
「京都市の教育が大切にしてきたこと」

奨学生の新規採用人数 3名
2006平成18 4月18日 設立 25 周年
7月1日(土)【研修24】

松井 珍男子
「私と部落問題」

奨学生の新規採用人数 2名+1名
2007平成19
7月4日(水)【研修25】

荒木 英昭
「同和教育から学んだこと」

奨学生の新規採用人数 6名
2008平成20 3月3日 朝田善三 事務局長の逝去
7月4日(金)【研修26】

稲積 謙次郎
「部落解放運動への提言を終えて――
ジャーナリストの視点から改めて問う――」

奨学生の新規採用人数 2名
2009平成21 3月7日 松井珍男子を理事長に選任
7月3日(金)【研修27】

中川 幾郎
「人権・同和行政に求められている視点」

10月1日 「朝田はな さん 米田貞一郎 さん
百歳長寿の集い」
奨学生の新規採用人数 4名
2010平成22 4月6日 城守昌二 5代理事長の逝去
7月2日(金)【研修28】

小森 龍邦
「解放理論とは何か――
再び『三つの命題』を考える――」

奨学生の新規採用人数 6名
2011平成23 4月18日 設立 30 周年
7月18日(月)【研修29】

上田 正昭
『いま改めて 部落問題の重要性を考える』

奨学生の新規採用人数 3名
2012平成24 4月1日 「奨学金規程」一部変更
奨学金の月額5万円と月額8万円
7月6日(金)【研修30】

井本 武美
「朝田善之助と部落解放運動」

7月4日 朝田善之助 生誕110年
奨学生の新規採用人数 1名+2名
2013平成25 4月 公益財団法人に移行認定
7月5日(金)【研修31】

北口 末広
「差別をなくす社会システムの創造にむけて
――部落解放運動の現状をふまえて――」

6月25日 朝田はなさん(103歳)逝去
奨学生の新規採用人数 3名
2014平成26 5月19日 朝田勝三 (朝田善之助の長男、前副理事長)逝去
7月11日(金)【研修32】

北口 末広
「差別をなくす社会システムの創造にむけて
――部落解放運動の現状をふまえて
―― パートⅡ」

奨学生の新規採用人数 2名
2015平成27 1月25日 朝田 隆(朝田善之助の次男、元理事)逝去
7月3日((金)【研修33】

友永 健三
「部落解放・人間解放の原点
──水平社宣言から学ぶ──」

4月29日 朝田善之助 33回忌法要・偲ぶ会
6月30日 上田正昭(元理事)を顧問に選任
奨学生の新規採用人数

※凡例 講演1=記念講演の夕べ第1回(7月4日に開催)/ 研修1=同和教育研修会第1回(年度内に開催)
※氏名の敬称略 ※[(+)の数字は、大学院などの進学のために再度の採用人員]