奨学生募集要項

朝田教育財団奨学生 2016年度募集

朝田教育財団は、差別のない真に豊かな社会を実現するため、1981年に朝田善之助(元・部落解放同盟中央執行委員長)が設立した財団法人です。公益目的の奨学事業として、部落問題の解決に寄与する意志を有する学生などに、高等教育の就学を支援しています。

奨学生の種類
  1. 大学院奨学生
  2. 大学奨学生
  3. 前各号に準ずる奨学生(短期大学生、高等専門学校生など)
奨学金の額 次の1または2の額のうち、いずれかを選択できます。

  • 月額 50,000円(年額600,000円)
  • 月額 80,000円(年額960,000円)

ただし、その年度の奨学金予算および採用人数により、
奨学金の額を減額して採用を決定することがあります。

貸与期間 原則として、正規の最短修業年限です。
返還方法 貸与終了後の6カ月を経過した翌月から、20年以内に、
奨学金の全額を無利息で返還します。
募集人員 (新規採用)若干名
対象者
応募資格
部落出身者または部落問題の解決に寄与する意思を有する者で、次の1または2に該当する者

  1. 京都府内に(法人本部の)ある大学院・大学・短期大学・高等専門学校(独立行政法人高等専門学校4年生以上)に在学している者
  2. 京都府を出身地とする者で、京都府外にある大学院・大学・短期大学・高等専門学校(1に同じ)に在学している者
応募書類
  1. 奨学生願書(朝田教育財団所定の様式)連帯保証人と連署
  2. 推薦書(朝田教育財団所定の様式)
    大学などの学長、学部長、専攻学科長、指導教授、高等学校の学校長もしくは朝田教育財団役員などによる推薦
  3. 在学証明書(または合格証明書)
  4. 部落問題をテーマとする小論文2000字以上、A4サイズ原稿用紙またはそれに準じた様式)

このうち「奨学生願書」「推薦書」は朝田教育財団までご請求ください。

参考図書 『新版 差別と闘いつづけて』朝田善之助、朝日選書145、朝日新聞出版、1979年
応募締め切り 2016年4月25日
なお、募集人員に欠員が生じた場合は、その年度途中であっても応募を
受け付けます。詳細はお問い合わせください。
選考方法 第1次:書類審査
第2次:面接審査(2016年5月中下旬ごろ)
採用通知 2016年6月下旬ごろ(予定)