奨学生の近況3|2016年度 後期

『小学校教員を目指して』

 

今年度から朝田教育財団の奨学生とならしていただいたN.K.です。

7月になり学期末も近づいてきたので最近の生活状況について報告させていただきたいと思います。

 

4月に大学に入学して3か月がたちました。学校生活にはだんだん慣れてきました。

授業の予習や課題の提出など学期末のテストが近づくにつれて増えてきました。

テストは7月末から8月上旬にかけてあるのですが、大学のテストは初めてで少し不安ですが単位を落とさないようにしっかりとテスト勉強をして、準備を怠らないようにしておきたいです。

課題などは期日内に出せているので、これから1か月はテスト勉強も並行して頑張りたいです。

朝田教育財団奨学生として恥ずかしくない成績をとれるように頑張ります。

 

さて、日常生活ですが最近は段々と料理ができるようになってきたので、毎日料理を作って食べることが1日の楽しみです。

しかし、掃除や洗濯は苦手で気が付けば洗濯物が溜まっていたり、ゴミ出しの日を忘れていたりと様々な失敗があり、親の有り難さを知る毎日です。

 

部活動やアルバイトはしていないので、学校が終われば家に帰って課題や家事をしています。

私は将来、小学校の先生になるという夢があります。

ですが、私がいる学部は小学校の教員免許が取得できないので、今は教育学部への編入に挑戦するか、通信教育で小学校の教員免許を取得するかの2つの選択肢で迷っています。

朝田教育財団にはたくさんの大学の先輩や、教員の方がいらっしゃるのでいろいろな意見を聞きながら決断していきたいと思います。

 

さらに、部活動やアルバイトはしていないので大学生活の中で、福祉活動やボランティア活動へ積極的に参加し、様々な経験をしていきたいです。

 

これから4年間様々な場面でお世話になります。朝田教育財団の奨学生として色んなこと学んでいきたいです。

これからよろしくお願いします。

以上で、生活状況や挨拶とさせていただきます。

 

大学 社会学部 現代社会学科1年生 N.K.さん